宮城県仙台市の年収

宮城県仙台市の平均年収とは

宮城県仙台市の平均年収

宮城県仙台市は宮城県のみならず、東北の中心として発展を続ける政令指定都市です。伊達政宗が青葉山に城を構え、仙台市の旧市街地の整備が行われました。宮城県仙台市には当時からの地名として芭蕉の辻や国分町、鉄砲町や二十人町の名が残っています。戦後しばらくは、最大でも人口が50万人程度の都市に留まっていましたが、周辺の市町村との合併を期に急速に発展し、現在は人口100万人を超える大都市となりました。宮城県仙台市は明治時代に創立された東北大学や、東北学院大学、東北福祉大学といった学生数の多い大学があり、学都としての顔を持っています。宮城県仙台市には企業の本支店が置かれることが多く、これらの企業による経済活動が盛んです。宮城県仙台市の市民の平均年収は335万円で、宮城県全体の平均年収429万円よりも低くなっています。これは、宮城県仙台市では若年就労者数が多いことと、パート等の低収入者が多いことが原因として考えられます。市内には若年就労者は非正規雇用者を吸収する物販店舗、飲食店、工場、社会福祉施設等が多く、ここで働く勤労者の賃金が低いことが平均年収を低下させる原因となっています。一方、宮城県の他の地域は、農林水産業を含めて自営業者の割合が多く、ある程度の水準の収入を確保していることから、仙台市よりも年収が高額となっています。

宮城県仙台市の情報

新着情報

↑PAGE TOP